プロフィール

時枝良光

マン・シャリール代表。隠れ緊張を改善することで、
体をめぐるエネルギー(気)の流れをととのえ、
かんたんな運動で頭の働きを最適化し、
ストレスフルな頭と体をその場で
ベストコンディションにする方法をお伝えしています。

  • キネシオロジー(HSK健康指導員)
  • ブレインジム(ブレインジム・インストラクター)
  • コーチング(CTCコーチ)
  • EFT(レベル1,2終了)
  • MENSA会員

マン・シャリールへの思い

自分が苦しい思いをしていると、つい、自分だけがどうしてこんな目に遭わなきゃ行けないんだ?と毒づきたくなる気持ちは、よくわかります。でも、人生の中で辛い目に出会わない人はいません。

私自体も、さまざまなつらい経験をしてきました。子供の時にひどいいじめをうけたり、大学の時に突然授業にでられなくなったり、仕事にでかけなきゃいけないのに、布団から起き上がれなくなることなど、何度も経験してきました。そのたびに、助けてほしいという気持ちはあるけれど、その気持ちをうまく表現することができず、辛い思いを長引かせることがよくありました。

そういう思いを自分一人で乗り越えなきゃいけないんだ、と思わないでほしいです。辛い思いを抱え込んでも、時間を無駄にするだけです。そういうときに、気軽に人の助けを借りることができる世の中にしていきたいと思います。

仏教は、葬式のためにあるのではなく、悩み苦しむ人が心をおだやかになるための方法を教えてくれる知恵の宝庫です。その知恵をお伝えするために、僧侶の資格をもちますが、現在はお寺に属さずに、セラピストとして活動する道を選びました。

これまで

大阪外国語大学(現 大阪大学)卒業。大学在学中より、都合5年間ネパールに留学ネパールでボランティアとしてネパール人に日本語を教える日本語教師としてつく。帰国後、ホームページ製作会社を経て、北海道で、お土産品販売やインターネットショップの店長を務め、社内のグループウェアや、オンラインショッピングモールでの受注・配送システムを自作するなど、パソコンによる業務効率化を手がける。神戸に戻った後、大阪のお寺で修行し、出家して、僧侶の資格を得る。前後して、コーチング・EFT・キネシオロジー・ブレインジムを学ぶ。

マン・シャリールについて

「マン・シャリール」のマンはネパール語で「心」、シャリールは「体」を表します。肉体と精神は一体のもので、分けることができず、一つのものの両面であるという、仏教の言葉「身心一如(しんしんいちにょ)」の思いを名前に込めています。

タイトルとURLをコピーしました