ココロの筋力

ココロの筋力とは

カラダの筋力とは違い、ココロの筋力はとても繊細です。
ストレスに感じる状況をイメージしただけで、ココロの筋力は弱まります。
ハッピーに感じる状況をイメージすれば、ココロの筋力は強くなります。

どんなときに、ココロの筋力が弱まるかは、
カラダの反応筋肉の隠れ緊張)でわかります。

ココロの筋力が弱まると

ココロの筋力が弱まると、
これからどうなるのかと思い悩んだり、
深く悲しんだり、激しく怒ったり、
寂しい思いや辛い思いにとらわれてしまいます。

ココロの筋力が弱まると、
やる気が起きづらくなり、無気力になります。
疲労感を感じ、だらけがちになります。

また、ココロの筋力は、私達の脳にも影響を与えます。
考えがうまくまとまらなかったり、
集中したくてもできなくなり、
能率がおちたりします。

ココロの筋力を鍛えると、
心身のエネルギーが復活し、
自分の行動や思考を制御できるようになります。

そのため、感情の起伏がおさまり、
やる気が回復し、思うように行動がとりやすくなります。

ココロの筋力を鍛えるには

ココロの筋力はとても繊細なので、
ココロの筋力を鍛えるのに、厳しいトレーニングは必要ありません。

カラダの反応を見て、アロマの香りやツボのマッサージ、運動や言葉がけ、カウンセリングなど
様々な方法によってココロを楽しく鍛えることができます。

タイトルとURLをコピーしました