変わらないことを選択している

アインシュタインの名言の一つとして、よく知られているものの一つに、

「狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること」

というものがあります。

しかし、この名言がアインシュタインの言葉であるという証拠は見つかっていないそうです。

いずれにせよ、ここまでこの名言が広がったということは、誰が発したにせよ、この名言が、真理をついているからだとおもいます。

「私、変わりたいんです。」という言葉をよく耳にしますが、実際のところ、私達は、「変わらないことを選択している」のです。変わることは、予測できないことが起きることとセットになっていて、ストレスになるからです。

「私、変わりたいんです。」の言葉の裏側には、苦しい現実を受け入れられない自分がいて、それを生み出したのが自分であるということも理解出来ず、苦しい現実が消え去って、自分にとって都合のいい出来事が現実になってほしい、という煩悩があります。

「私、変わりたいんです。」と口にしながらも、心の奥底では、

「私は本当は変わりたくないんです。でも、周りが私のことを認めてくれません。ですから、内面の私は一切変えることなく、自分が傷つかない程度にさらっと表面的だけ自分を変えて、それで、相手が私のことを認めてくれて、周りの人が私の思うように動いて欲しいんです。」

と思っていれば、いくら変わろうと頑張っても、現実は動きません。

私の心の中にも、そういう煩悩があります。

そういう煩悩と気づけるようになったのは、キネシオロジーをやって自分をみつめるようになれたからだ、と思っています。

煩悩にきづくことで、じゃあ、どういう行動をすれば、その煩悩から離れることができるか、苦しい現実を受け入れ、それを生み出したのがすべて自分であると理解し、都合のいいことばかり起きて欲しいと思う、あさましい心が働かないようにしながら、いま、自分ができることは何だろうか、という時に、行動で示すしかないのです。

タイトルとURLをコピーしました