人の役に立つことは難しいことではない

「自分なんてたいした人間じゃない。」という思いの裏には

「人の役に立つことは難しい」という思いがあるのかも知れません。

喜んでもらおうと思って何かをしたと思っても、相手がかならずしも喜んでくれるわけではありません。

相手の気持を考えているつもりでも、相手の気持を逆撫でしてしまうこともあります。

でも、大事なのは、相手が喜んでくれることではありません。

まず、あなたが人のために何かをしようとしたこと、それ自体は素晴らしい事なのです。

相手がそれを気に入ってくれるかどうかを気にして、何も行動しないよりも、間違ってもいいから、何かをしてあげるほうが素晴らしいのです。

そして、あなたが何もできなかったとしても、自分を責める必要はありませんし、自分自身に「役立たず」などというタグをつける必要なんかありません。

いまは行動しなかった、というだけのことなのです。

 

[cc id=177]

タイトルとURLをコピーしました